モテたい

なぜモテたい男性は「出会い系」を使った方がいいのか?

モテたい男性こそ、「出会い系」。なんとなく理解できるようで理解できないこの原則。あなたは理解できますか?いや、別にモテないから「出会い系」に結びつけるのはおかしいでしょう?なんて方は勘違いしています。今日から始めるモテるためのテクニック。まずは「出会い系」を理解することからスタートです!

オススメの出会い系の紹介は
こちら!

モテない男性の三原則

まずはじめに、モテない男性に共通している三原則があることをご存知でしたか?

モテない男性がモテない原因はいくつもあります。しかし、実は共通している3つの事実があるのです。

モテない男性は「想像していない」

モテない男性はまず、想像しません。

それはどう言うことなのかというと、モテない男性は可愛い女の子と話したり、仲良くなったり、一緒に遊んだり、デートするということを想像していないのです。

これは決して難しいことではありません。誰にでもできる簡単なことです。しかし彼らは想像しません。出来ないのではありません。やらないのです。なぜ、想像しないのか?モテない男性がよく想像するのは漫画やラノベ、ドラマのような展開ばかりです。いわば非現実的な内容ばかり。

 

可愛い女の子と楽しく会話したり、仲良くしたり、デートに行ったりしている最中に学校がテロリストに占拠されて自分の中に眠る特殊な力に目覚めるという一見すると中二病に近い発想をしてしまいがちです。

たとえ可愛い女の子とデートする想像が出来たとしても、モテない男性の想像だと途中から別の世界へと飛びだってしまうかもしれません。

なぜ彼らがこれほどまでに非現実的な空間に自分を置きたがるのか、それは現実の自分に自信を持てないから。架空の自分はどこまでいっても架空のままです。虚しいだけですが、その分理想の自分になれるのでいくらか楽になるのでしょう。

 

なので可愛い女の子と仲良くするイメージが湧かない、可愛い女の子と仲良くする目的が出来ない、そのための願望も湧かない、要はモテたいと思っても「想像しない」ため具体的なイメージが湧かずに何も出来ない状態にあるのです。

しかし、それでは一生変わりません。

まずは可愛い女の子と話してみたり、仲良するイメージを作るために想像するところから始めましょう。モテるための第一歩はここからです。

モテない男性は「探していない」

それは「機会」「場所」「人」であったりと様々です。

モテる男性はモテるための機会を常に探しています。あるいは場所を、それはナンパのベストな場所だったり、または可愛い女の子を人に紹介してもらったり、可愛い女の子を探しに行ったり。

彼らはとにかくモテるために探しています。「出会いの数=成功率」モテるために、とにかく彼らは探してきました。なので自然と女の子と出会う数も増え、モテる成功率も飛躍的に上昇します。

しかし、モテない男性は探しません。

モテない男性は驚くほど探しません。こちらが驚くほど探しません。それはモテるための機会を探したり、モテるために女の子が多くいる場所を探したり、モテるために可愛い女の子を紹介してくれる人を探したり、可愛い女の子を探したり…をしません。

モテない男性は探さないのです。

なのでまずは探してみましょう。インターネットが発達した世の中だと簡単です。まずは探す。情動を探してみる。とにかく探しましょう。

モテない男性は「行動していない」

とにかく一番重要なことは「行動」です。

これはモテるモテないに限らず、学問、スポーツ、ビジネス全てに共通しています。まずは行動しないといけません。栄光を遂げた彼らが成功したのは運や才能や環境によるものもあるかもしれません。しかし、彼らは行動しました。だから成功したのです。

モテる男性も、彼らは行動しました。

これは素直に凄いことです。誰にでも当たり前に思え、一見すると簡単なことのように思えるかもしれません。しかし、行動には対価があります。それは、もしかすると大きな恥をかくかもしれない、大きな損失を出してしまうかもしれない。予測出来ない代償を支払うことになるかもしれません。しかし、行動しなくては成功しません。

行動しなくては結果(モテる)は生まれません。

モテる男性は行動をしました。モテない男性は行動をしません。それは何気ないことでいいのです。先ほどの探してみることでもいいのです。ナンパをしてみるのでもいいのです。可愛い女の子に話しかけてみることでもいいのです。試しに出会い系を使ってみることでもいいのです。

まずは行動してみる。モテるには行動あるのみです。

モテない=行動しない?

先ほども述べたように、「モテない」「行動しない」と同義です。

これも上記で説明した通り「出会いの数=成功率」です。

モテない男性に重要なことは「行動」することです。繰り返しになりますが、とにかく行動することをおすすめします。そして行動して、どんどん女の子と出会いましょう。はじめは上手くいかないかもしれません。そもそも出会えるまで失敗が続くかもしれません。

しかし失敗していくごとに成功確率もグングン上がります。なぜなら気づくことも増えていくからです。継続して失敗をすれば、反省点を洗い出して次の行動はどうしようかと仮説を組み立て検証していくというPDCAを回せます。

このPDCAを回していけば女性と出会える機会も上がっていき、女性とお付き合いに発展する成功確率も上がっていくのです。

なのでまずは行動しなくてはなりません。行動が大事です。行動しなくてはモテません。

とにかく行動して女の子との出会いの数を増やしましょう。行動=出会う。その数が多いほど、成功率は上がっていくのです。

「モテたい」からの最初の一歩

それでは、モテないと思っての最初の行動はどうすればいいのでしょうか?

確かに、何も分からずに行動してしまえばその未来は爆死です。爆発して消え失せろ、と言っているのと同じです。

なのでモテたい方はまず、スマホで「モテたい ◯◯(入れたい言葉)」で検索してみることが大事です。要は情報収集から始めましょう。これならいつでもどこでも手軽に始めることができます。最初は無理せず動いてみることが大切です。

行動するにはどうすればいい?

スマホで簡単に、モテるための情報収集は可能になりました。

しかし、いざ行動してみるにはどうすればいいのか戸惑ってしまうのも無理はありません。モテない男性が行動に移すには見えない壁にいつもぶち当たってしまうものです。

まずは行動に移すための「機会」を探しましょう。

それはイベントに行く日程を決めるだったり、出会い系を使ってみるだったりと自ら機会を探し、無理矢理にでも行動に移せるように縛りつけることがベストです。

最初は不器用かもしれませんが、自ずと機会さえあれば行動していけるようになるはずです。

出会うための大きな障壁

出会う際の大きな障壁は、「気持ち」「機会損失」です。

それは「恥」だったり「恐れ」だったり「緊張」だったり…挙れればキリがありませんが出会う際の大きな障壁へと変化していきます。しかし、どうしようもありません。無くせと言われても無くならない。変えようと思っても変わらない。これは仕方がないです。

なので解決方法としては「慣れ」です。

回数をこなしていくうちに慣れていく他ありません。最初は戸惑いが出てくるかもしれませんが、慣れてくるうちに気持ちの面も和らいでいくことでしょう。

次に大きな障壁は「機会損失」です。

つまり出会う機会を損失してしまっていることです。先ほども説明した通り「出会える回数=成功率」と、つまり出会いが少ないとは成功率が少ないことを意味します。出会いが少ない男性の方は、言い換えれば「機会損失」とも捉えられ、これは大きな障壁と受け止めるべきです。

では、機会損失をどのように埋めるべきか?それには「出会い系」がおすすめな選択です。

多くの人が誤解している「出会い系」のイメージ

男性の方々がイメージしている出会い系は、「詐欺」だったり「悪質」だったり「スパム」だったり「サクラ」「エロ」など、負のイメージが多いでしょう。しかし昨今は法整備や運営の強化。また出会い系の運営を大手上場企業が登場するなど悪質な業者による出会い系は数を減らしてきています。

確かに現在でも詐欺的な出会い系はAppStoreを調べると見られます。ですが実名制SNS「Facebook」を取り入れている出会い系は信用性が高く、プロフィールの充実性の要求、安心できるデザイン設計、運営の監視体制など、その信頼感から男女ともに利用者が増えてきています。

男女比が高まれば自然と「サクラ」を利用することはなく、互いの意思を尊重したマッチングが可能になるのです。

「出会い系」の真実

今では出会い系とは呼ばずに「マッチングアプリ」と呼ばれることが多くなりました。それは過去の負のイメージを払拭したいからでしょう。現在マッチングアプリの利用者は増えており、「タップル誕生」を運営している上場企業サイバーエージェントの子会社マッチングエージェントの調べによると市場の拡大に合わせて急成長しているとのこと。

またタップル誕生の利用者は250万人を突破。ペアーズは500万人を突破しており、利用者は急拡大しています。今や出会い系を利用するのは出会いを探すための効率的な手段としてスタンダートになってきているのです。

 

参考

マッチングエージェント、オンライン恋活・婚活マッチングサービスの国内市場調査を実施 ~オンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は2017年に208億円 アプリサービスが成長をけん引、2022年には577億円に拡大~

会員数250万人突破!数字で見るタップル誕生vol.2を公開

マッチングサービス「Pairs」が会員数500万人突破 —— 今後はアジア5カ国でサービス展開

「出会い系」を使っているのは恥ずかしい?

よく言われるのが出会い系を使っているのが恥ずかしいという意見。

誰でも恥を晒すのが嫌なのは当然です。バカにされたくありません。少しでも良い自分に見せたいはずです。だから人前で出会い系を使うのはちょっと…と思うかもしれませんが、他の人の目線など無視してしまえば良いのです。

出会い系を使っていることがそんなに恥ずかしいことでしょうか?一生懸命出会いを探すことに恥じる必要はありません。気にしてしまうかもしれませんが、さっと目線を流してしまえばいいのです。

周りから言われるかもしれません。そもそもモテることにそれ程積極的ではなかったあなたが、出会い系を使っているという事実。周りから見たらモテる印象がなく、そしてあなたは、もしかすると自信がないかもしれません。モテる自信もない、バカにされる。

そう思ったら気にせず、周りから言われる言葉に何事もなかったように簡単な言葉で返せばいいのです。

「実は…最近少し始めたんだ」

とね。(あくまで例として)

まずは試してみることから始めよう!

まずは出会い系を使ってみることから始めましょう。

始めない限り始まりません。モテないは「行動しない」そして、これは大きな「機会損失」で大きな障壁になっていると何度もご説明しました。

とにかく善は急げ!気になる出会い系アプリをダウンロードして使ってみましょう!

おすすめの出会い系は?

しかし、一体どの出会い系を使えばいいのか皆目見当もつかない方もいらっしゃるでしょう。

誰が詐害的で悪質な出会い系がAppStoreにあると言ったか忘れたか!と声のない叫びで聞こえてきそうです。

なので当サイトがおすすめする出会い系アプリをご紹介しましょう!

それは 「with」。

上場企業イグニスが運営しているマッチングアプリです。

このアプリの特徴は自分の好み思考など人の内面性から、その人に合う人を見つけてマッチングする特徴を持っています。メンタリストのDaiGoが監修しているところも特徴で、自分の性格を分析してお似合いの相手を割り出します。

定期的にイベントも開かれ、無料でメッセージやいいねを1日10回まで送ることができる特典もあります。

積極的に利用してみて素敵な出会いを探していきましょう!!


「with」はこちら!

まとめ

今回のまとめは、まず行動してみること。そして「出会いの数=成功率」これが少ないと大きな「機会損失」であること。そして積極的に出会い系を使ってみることです。まだまだモテない男性からすると不安要素が多い状態ですが、勇気を出してトライアンドエラーを繰り返してみてはいかがでしょうか?モテたいのならば、最初は行動することが大事です!

 

 

with(ウィズ)
with(ウィズ)